ロボアドバイザー

【ロボアド投資】2020年大注目!ロボアドバイザー投資の特徴、オススメのサービスは?

ロボアドバイザーの特徴を解説
ロボアドバイザーって何?

皆さんは、「ロボアドバイザー」という言葉をご存知でしょうか?

近年、急速にそのシェアを伸ばしている資産運用サービスです。

ロボアドバイザーという言葉は多くの人に普及している段階で、詳しくその実情を知っている人はまだ少ないでしょう。しかし、投資に興味があるけど知識ないし、全部お任せしたい!という人にとってはかなり力強い選択肢になると思います。

今回はこのロボアドバイザー投資について徹底解説していきます!

ロボアドバイザーとは

では、ロボアドバイザーとは具体的にどういうものなのでしょうか?

ロボアドバイザーとは、利用者のリスク管理に応じた資産配分をAIが自動的に割り当て、アルゴリズムに基づいて資産運用を行うサービスとなっています。

ポイントは、資産運用を実際にするのは人ではなくAIを使ったプログラムである、という点ですね!

基本的に資産運用ミスをする要因として人的ミスが挙げられます。これは、感情に基づいて起こりやすいミスで、初心者だけでなくプロの人もやってしまう可能性があります。

ロボアドにはそういったリスクがないのが特徴です。

ロボアドバイザーにも種類がある

ロボアドバイザーには資産運用の助言を行うアドバイス型のものと、助言+運用と、実際に運用も行う投資一任型のものの2種類があります。

アドバイス型「資産運用目的」「リスク許容度」等を入力すると資産配分のアドバイスのみを教えてくれる
投資一任型アドバイス型に加え、実際に投資を行い資産運用を行う

現在普及しているサービスは主に、運用まで行う「投資一任型」のサービスです。資産運用に興味があるけど、詳しく知らない!という方でも気軽に始められるのが特徴です。

現在、国内ではウェルスナビ(WealthNavi)で資産運用を行うのが最も一般的となっています。

ウェルスナビは国内最大手のロボアドサービスを提供している会社(※)です。

※1 一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版) (2019年3月末現在)」よりモーニングスター社調べ(2019年6月時点)

ロボアドバイザーのコスト

ロボアドバイザーの使用コストは提供サービスによって異なりますが、大抵アドバイス型のみの利用であれば無料でできるものが多いです。

しかし、投資一任型のサービスを利用する場合はその手数料を取られる事がありますが、基本的には投資信託より安い手数料で済む事がほとんどでしょう。

ロボアドは運用に人件費をほとんど取らないため、投資信託より比較的安い手数料でサービスを提供する事ができます。

一般的にファンドマネージャーが資産運用を行う場合、2-3%程度の手数料がかかりますが、ロボアドの場合は1%程度である事がほとんどです。

実際、ロボアド最大手のウェルスナビでは、手数料は運用金額(預かり資産)の1%となっています。これは非常に魅力的ですね。

ロボアドバイザー投資のメリットとは?こんな人にオススメ!

ロボアドバイザーについて基本的な事項をみてきましたが、このサービスを利用するのにピッタリな人はとにかく「コストや手間を最小限に、長期に資産を運用して行きたい人」が当てはまります。

資産を運用するのにも色々な方法があり、個別株の買い付け〜投資信託等、その手法は多岐にわたります。

しかし、個別株投資は調査に時間がかかる上、株式市場の基礎知識が必要になるので手間をかけたくない人にとっては最もオススメできない手法です。深く調べずに適当に投資をしていると、資産を失ってしまうリスクが高まるからです。

比較的手間のかからないとされている投資信託やETFに関しても、ポートフォリオを組む際にはある程度の知識が無いと、何を選んでいいのかわからないという状況に陥ってしまう事が多いです。

資産運用は一見シンプルに見えて奥が深いので、このような手間を省きたい人は自然と「ロボアド」を選択する事が最適解となります。

ロボアドバイザーは対象者の状況(運用資産、リスク許容度、運用期間、目標金額等)によって自動的にポートフォリオを組み替え、数ある金融商品から目標資産に近づく可能性が高くなる様な商品を選び、投資を勝手にしてくれます。

ロボアドバイザーは投資信託を中心に買い付ける事が多いため、個別株に比べてリスクを減らしながら長期に渡ってリターンを得ることを目的とします。

よって、始める時期が早ければ早いほど良く、運用期間が長いほどリターンも大きくなるようにアルゴリズムが組まれています。

始める前に知っておきたい!ロボアドバイザーのデメリットとは?

ロボアドバイザーの良い面を中心に紹介してきましたが、もちろんロボアドバイザーにもデメリットが存在します。

ロボアドバイザーを始める前にしっかりと確認しておきたい項目です。

元本割れを起こすケースも

ロボアドもAIが自動的に運用してくれるとはいえ、急な外部要因を予測する事は不可能です。

よって「投資」においては避けられない損失も発生する事があるというリスクも確認しておきましょう。

しかしながら上記でも記載した通り、ロボアドはリスク許容度に応じてポートフォリオを組み換えるので、損失リスクをある程度操作する事は可能です。

これは投資をするにおいて避けられない話なので、ロボアドだから大丈夫!と過信するのは禁物です。投資は自己責任でしっかりと行いましょう。

短期的なリターンは期待できない

元々ロボアドは、長期で資産運用を行う時に最適になる様アルゴリズムが組まれている場合が多いです。

よって、手間をかけず積立投資等を行う際には最適なサービスとなっていますが、個別株投資の様に1週間で+10%!とか、3日で+20%!とかは到底ありえない話になってきます。笑

そのようなリターンを求める場合はロボアドは適していません。あくまで手間をかけずに効率的に資産運用がしたい場合に適しているサービスだという事は頭に入れておくといいと思います。

ロボアドバイザーにお金を払う価値はあるか

個人的にはお金を払う価値のあるサービスだと思っています。余剰金がある人は興味本位で一度運用してみると良いでしょう。

実際、自分も興味があったので2019年1月から10万円程入金して運用しています。

ロボアドバイザーは特に投資をやった事がない人、そして貯蓄は貯まってるけど運用方法が定まっていない人にとっては最適なサービスだと思います。

自分自身現在株式投資を行っていて実感するのが、とにかく調査する事が多いという事と、知識を蓄えるまでに一定の期間を要するという事です。

そのような手間が一気に省けて、リスクを調整しながら資産を運用できるのはとても効率的でお得なサービスであると考えています。

投資は「時間を味方につける」事で資産を上手く増やす事ができます。よって、興味のある人は早めに口座を開設するのも1つの手ではないでしょうか?

オススメのロボアドバイザー

2020年大注目の、オススメのロボアドバイザーをいくつか紹介しておきます。資金がある方はウェルスナビ(WealthNavi)で資産運用を、もう少し少額から始めたいという人は1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】がオススメです。

是非ご活用下さい。

ウェルスナビ(WealthNavi)
ウェルスナビ(WealthNavi)は預かり資産1900億円を突破、 260,000件以上の口座申込を突破した(いずれも2019年11月28日時点)、国内最大手のロボアドバイザー投資サービスです。
その評判はお墨付き、手軽に始められる事も特徴です!
 
サービス名 ウェルスナビ(WealthNavi)
運営会社 ウェルスナビ株式会社
手数料 預かり金額の1%(※預かり金額3000万円以上は0.5%)
特徴 ロボアドバイザー投資サービス国内最大手!

「WealthNavi」で資産運用

THEO+(テオプラス) docomo


THEO+ docomoは7.7万人が運用中、満足度は驚異のおよそ90%を達成(※)した質の高いロボアドバイザー投資サービスです。
株式会社お金のデザインが提供しているTHEOに加え、運用金額に合わせてdポイントが毎月もらえる仕組みがお得です。ドコモユーザーは要検討!
 
サービス名 THEO+(テオプラス) docomo
運営会社 株式会社NTTドコモ、株式会社お金のデザイン
手数料 預かり資産の1~0.65%
特徴 預かり資産に合わせてdポイントが毎月もらえる!

※2019年11月お金のデザイン実施のTHEO+ docomoユーザー・アンケートより(無作為抽出の約3,300名に実施 回答数870人)個別の金融商品を推奨したり将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。

資産運用なら【THEO+[テオプラス] docomo】

 

まとめ

ロボアドバイザーは長期的な投資を目的に、手間無く資産を運用するのに適しています。

資産の運用方法を迷っている方は、とりあえずロボアドバイザーに一部資産を移して、投資の知識を吸収している間に運用してもらうのが最も効率が良いと思います。

自分の知識が付いてきて、自信がついてきたら口座からお金を取り出して自身で運用してみれば良いし、平均リターンが良ければロボアドバイザーに継続して運用してもらうという方法もあります。

リスク許容度をあまり高くしなければ、損失もそこまで大きくならないと思うので、興味のある方はやってみる価値はあると思います。

貯金していても資産は増えないので、投資は自己責任であることを理解した上で少額からとにかくやってみるのが一番良いと思います!

本記事が参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です