株式投資の基礎

いまさら聞けないNISAの仕組みを徹底解説!デメリットも合わせて説明します。

NISAのお得な仕組みと、知られざる落とし穴について徹底解説

「貯蓄から投資へ」の流れが加速する中で、NISA(ニーサ)という言葉は必ず聞くのではないでしょうか?

NISAは個人投資家を優遇する制度で、非常にお得な制度となっています。

しかし、良い面もある反面、注意すべき落とし穴もあるので整理しながらその仕組みをみていきましょう。

本記事ではNISAって何?メリットは?注意すべき点は?等、徹底的に解説していきます。

※本記事は金融庁のHPを参考に作成いたしました

NISAとは?

株式や投資信託を売却した際、その利益にはおよそ20%の税金がかかります。

例えば、株式投資で100万円の利益を出した時、20万円程度の税金を払う必要があるといった具合です。

NISAはこの課税の部分で大きく優遇される制度となっており、「NISA口座」内で毎年一定金額の範囲内で購入した株式及び投資信託から得られる利益が非課税になります。

NISAとは簡単に言うと、買い付けた株式・投資信託に対して税金が掛からなくなる制度なのです。

イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)と呼ばれています。

NISAの概要

NISAは2014年1月にスタートした少額投資を行う人の為の非課税制度です。

通常、投資信託の普通分配金や株式の配当、売却時の譲渡益に対しては課税されますが、NISA口座内での利益にはこれらが全て非課税になります。

しかし、他口座で発生した譲渡益・配当金・損失等の損益通算をする事はできません。

利用できる方日本にお住まいの20歳以上の方(*1)(口座を開設する年の1月1日現在)
非課税対象株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
口座開設可能数1人1口座(*2)
非課税投資枠新規投資額で毎年120万円が上限(*3)(非課税投資枠は最大600万円)
非課税期間最長5年間(*4)
投資可能期間2014年~2023年

*1…0歳~19歳の方は、ジュニアNISA口座をご利用いただけます。詳しくはジュニアNISAページをご覧ください。
*2…NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能です。ただし、開設済みのNISA口座で既に株式・投資信託等を購入している場合、その年は他の金融機関に変更することはできません。
*3…2015年以前分は100万円。未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません。
*4…期間終了後、新たな非課税投資枠への移管(ロールオーバー)による継続保有が可能です。

売却で利益が出ても、配当等を受け取ってもそれが非課税になるのはNISAの最大の特徴であり、投資家から見ても大きなメリットです。

非課税投資枠の取り扱いについて

NISAの図解説明

NISAの非課税投資枠は毎年120万円となっており、その範囲内で株式や投資信託を購入可能です。

各年に購入した株式・投資信託から得た利益は、購入した時点から5年間は非課税であり、非課税で保有できる金額総額は最大600万円となっています。

では、5年経った後も購入した株等を保有したい場合はどうなるのでしょうか?

実は、非課税期間の5年間が終了した際は、さらにそれらの金融商品を翌年の非課税投資枠に移す事ができます。これをロールオーバーと言います。

このロールオーバーの良いところは、ロールオーバー可能な金額に上限はなく、保有金融商品の時価が120万を超えている場合もその全てを翌年の非課税投資枠に移す事ができる点です。この仕組みを使えばNISA口座での投資に対して、最大10年間も非課税で資産運用する事ができます。

また、非課税投資枠が無くなってしまった際には、NISA口座以外の一般口座特定口座に移すこともできます。ただし、その後の確定利益については課税されることに注意しましょう。

また、非課税期間が終わる瞬間の金額が新たな取得金額として更新されるので、ここも注意しておきたいポイントです。

NISA非課税期間が終わった時の選択肢
  • 売却する
  • 課税口座に移す
  • ロールオーバーする

ここはおさえておきたい!NISAのポイント

NISAには注意すべきポイントがいくつかありますので、しっかりとおさえておきましょう!

非課税投資枠は1年を通して分割して使用可能

非課税投資枠は年間120万円と設定されていますが、一気に使う必要はなく、少額を分割して使う事が可能です。

例えば、1月に10万円分、3月に40万円分、6月に70万円分を使って分割して使い切るといったやり方も可能です。

また、年末に120万円一気に使用するといった方法でも構いません。

購入した株式・投資信託はいつでも売却可能。しかし、再利用は不可

NISA口座内で購入した株式・投資信託はいつでも売却可能ですが、その使用した枠を再利用する事はできません。

例えば、1月に50万円分の株を買ったとして、3月に全て売却したとします。

すると使える非課税投資枠は120万円ではなく、120-50=70万円となります。

売却しても使用した50万円の枠は返ってこない事に注意しましょう。

短期的にNISA口座内で売買を繰り返しているといつの間にか枠が無くなっていた、、、という事態に陥ってしまいますよ!

また、未使用分を翌年に繰り越すこともできないので、NISA口座の非課税投資枠は全て使い切る様にした方が賢明です。

ロールオーバー時の新規投資枠について

非課税期間が終了して、翌年の非課税投資枠にロールオーバーした際には「ロールオーバーした額分だけ」新規に投資できる枠が少なくなります。

たとえば、50万円ロールオーバーした時には残りの70万円が新規投資できる枠になります。

120万円以上ロールオーバーした際には120万円扱いとなり、新規に投資する事はできません。

強調されないNISAのデメリット

NISAには「非課税」という強力なメリットがあることから、あまりNISAについてのデメリットを見かける機会が無い様に思います。

特に広告や個人ブログでは口座開設を推奨する一方で、デメリットの説明が少なく、初心者が知らず知らずのうちに損失を被ってしまう危険性もあるのでは。。。と感じています。

NISAにもそれなりのデメリットがありますので、利用する際には十分に気をつけて下さい。本記事ではこの辺りもしっかりと解説しておきましょう。

NISAは損益通算ができない

NISAの大きなデメリットの1つがこの「損益通算ができない」点にあります。

NISAで株式を売買して利益が発生すると非課税になりますが、逆に損失が発生した場合も税計算上無いものとしてみられます。

例えば、課税口座において株式Aで利益が50万円、株式Bで50万円の損失が出ていたとすると、損益通算により利益が0円になるため、税金は全く発生しません。

しかし、課税口座において株式Aで50万円の利益、NISA口座において株式Bで50万円の損失が出ていたとすると、ポジションは同じはずなのに後者では税金が10万円ほどかかってしまうと言うことです。

NISAは損益通算ができないために、損失を出した際はこのように不利益を被る可能性もあると言う事を覚えておきましょう。

また、損失を翌年以降に繰り越すこともできない為、その点も注意しましょう。

課税口座に移した時の注意点

NISAの非課税投資期間が終わり、課税口座への移行を選択したとします。その際にも不利益を被る可能性があるので注意が必要です。

上でも説明しましたが、課税口座に株・投資信託等の金融商品を移行する際には、非課税期間終了時点での株価で取得金額が再計算され、課税口座に金融商品が移行されます。

移行時にNISAで購入した100万円の株式が150万円まで値上がりしていた時、取得金額は150万円になります。そしてその後さらに値上がりして課税口座内で170万円で売却した場合、170-150=20万円に対して課税される事になります。

利益が出る場合はとてもお得なのですが、問題は損失が出る場合です。

移行時にNISAで購入した100万円の株式が80万円まで値下がりした時、取得金額は80万円になります。そしてその後値上がりして課税口座で100万円で株式を売却した場合、100-80=20万円に対して課税される事になるのです。

この時、実質的な利益は出ていないにも関わらず、税金を支払う必要があります。さらに悪い状況では、この仕組みによって損失が出ているにも関わらず税金を支払う必要があるケースも生まれてきます。

これが、NISA最大のデメリットとも言える落とし穴です。

NISA枠の投資にはバイアスがかかる可能性がある

これは実際に体験したデメリットになるのですが、NISA枠で購入した株式や投資信託等の金融商品に対してバイアスがかかってしまい、そのせいで損失を被る可能性があります。

どういうことかもう少し詳しく説明しましょう。

NISAは非課税投資枠で、非課税投資期間は5年です。最も有効活用できるケースは、購入した金融商品が長期(おおよそ数年)にわたって大きな利益を出すことです。

そのため、NISA口座内で投資する金融商品は、比較的長期目線で利益が得られる可能性があるものを買い付ける事になります。

しかし、実際に買った株式が何らかの要因によって下落してしまうとどうでしょうか。

「長期目線で買ったから数年以内には上がるだろう」「価格が下がり続けているけど、長期目線で買ったし売らない方が良いのでは?」「ここで売ってしまうと使った非課税投資枠がなくなるので勿体ない…」

といった心理が働いてしまい、あるはずのない希望を基にして株式を保有し続ける事になります。

そうなると客観的に、冷静に判断をする事が難しくなり、売らなければならない局面で何故か踏みとどまって損失を出してしまうというケースが十分に有り得ます。

こういった真理が働く事で普段の投資スタイルを壊しかねないので、NISAにも注意が必要だと言う事です。

まとめ

[jin_icon_pen color=”#e9546b” size=”18px”]NISAは少額投資を行う人のための非課税優遇制度

[jin_icon_pen color=”#e9546b” size=”18px”]NISAの非課税投資枠は120万円で非課税期間は5年間、MAX600万円

[jin_icon_pen color=”#e9546b” size=”18px”]メリットもある反面、デメリットも存在する

 

NISAの制度は個人投資家にとって非常に魅力的ではありますが、逆に損失を被る可能性があると言うことも注意しましょう。

一概にNISAはやった方がよい!と言うのではなく、このようなデメリットを理解した上で利用するのが良いと思います。

投資の利益を積極的にあげる事ができれば、NISAは非常に強力なツールとなるので個人的には資産運用についてしっかり勉強した後に利用するのは良い事だと思います。

ただ、NISAは恒久的な制度ではなく、投資可能期間が2014年~2023年と決まっているので、迷っている人はとりあえず口座を開設してみるのが良いかと思いますよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です