株式投資の基礎

PTS取引(夜間取引)のメリット・デメリットとは?証券会社による手数料の違い等について

PTS取引について。

株式取引を行う際、基本的には「証券取引所」を経由して株を売買します。

しかし、証券取引所を介さない取引をすることも可能で、それが「PTS」と呼ばれる方法です。

PTSは特殊なシステムで最初は「何だこれ?」と思うかもしれませんが、一度知ると便利なシステムなので知らない方はここで是非知っておくと良いと思います。

PTSとは

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略で、日本語で言えば「私設取引システム」と呼ばれます。これは証券取引所を介さず株式を売買できるシステムの事です。

PTSを利用したPTS取引であれば、証券取引所の開場時間外でも株式の売買が可能です。このシステムを利用すれば、日中仕事で忙しいサラリーマンの方でも取引を行う事ができます。

厳密に言うならば、PTSには「日中取引(デイタイム・セッション)」と「夜間取引(ナイトタイム・セッション)」が存在し、それぞれ各証券会社で時間が決められています。

しかしPTSにはデメリットも存在するので、メリット・デメリットをそれぞれ整理しながらもう少し詳しく見ていきましょう。

R

PTS取引にはPTS独自のメリット・デメリットが存在する!

PTS取引のメリットって何?

PTS取引の最大のメリットは、とにかく証券取引所が閉まっている時間でも取引が出来る点にあります!

特に証券取引所開場時間外に発表されたニュースに対していち早く取引を行う事が出来れば、大きな利益を得る事も可能です。翌日の取引を待たずとも、ナイトタイム・セッションで夕方~夜にかけて自由に取引する事ができます。

PTSの市場開場時間としては、2種類が存在します。現時点の日本のPTSはSBIジャパンネクストが運営する「ジャパンネクストPTS」と、チャイエックス・ジャパン運営の「チャイエックスPTS」があります。(2020年1月時点)

ジャパンネクストPTS市場のデイタイム・セッションの取引時間は8:20~16:00、ナイトタイム・セッションの取引時間は16:30~23:59となっています。

チャイエックスPTSではさらにそれぞれ条件が異なるChi-AlphaとChi-Selectの2市場が存在し、どちらも8:00~16:00のデイタイム・セッションのみで取引が行われています。

また、証券取引所の終値の価格より安い値段で放置されていたり、逆に高く売れたりすることもあります。そのような板を見つけることもたまにありますので、うまく利用すれば大きな利益を狙う事も可能でしょう。

さらに、 PTS取引では取引所取引と比べて、呼値の単位(1株あたりの売買値段に対する刻みの事)が最小1,000分の1となり、より細かく思い通りの注文が可能になっています。

PTSの板例
ある銘柄のPTSの板の様子(SBI証券のアプリより)


取引所とPTSの取引時間が重なる時間帯では、より細かく発注できるPTSで安く買い、取引所で高く売るといった価格差を利用した取引(裁定取引)も可能です。

PTS取引の注意点(デメリット)とは

日中仕事が忙しく、証券取引所の市場に参加できないサラリーマンの方は、時間外に注文を出してもその注文が約定するのは始値が決まってからで、約定するかどうか不安な状況に陥る事があります。

しかしPTSを使えばその場で落ち着いて約定させることが出来るので、その点で大きなメリットとなるという事がわかりました。

しかし、PTS取引にもいくつかデメリットが存在します。

夜間取引には通常の証券取引所の取引よりも圧倒的に売買に参加する投資家が少ないです。故に注文数も限られているので、板のボリュームが少なかったり、板が薄かったりすることはザラにあります

指値を置いておいても、全く約定せずに終わってしまうという事が多いでしょう。

また、板のボリュームが少ない事から、株価の値動きが激しくなりがちで、このようなリスクがあるという事も知っておくべきでしょう。

PTS取引が可能な証券会社の比較

PTS取引が可能な証券会社はいくつかあり、代表的な証券会社としてはSBI証券松井証券・楽天証券が挙げられます。

SBI証券、松井証券はジャパンネクストPTSを、楽天証券はジャパンネクストPTSとチャイエックスPTSの両方を取り次いで運営しています。

各証券会社でPTSの手数料が異なるので、手数料やキャンペーン等を確認して利用する証券会社を決める事でより多くの利益を狙える事と思います。

SBI証券のPTS

2019年12月16日より、SBI証券は全ての投資信託の販売手数料の無料化を発表し、さらに信用取引および夜間PTS取引の手数料全額キャッシュバックをすることを発表しました(2020年1月現在)今春を目処に手数料無料化にする動きになりそうです。

1注文の約定代金 デイタイム・セッション ナイトタイム・セッション 取引所取引手数料(スタンダードプラン)
~5万円 47円(税込51円) 実質無料※ 50円(税込55円)
~10万円 86円(税込94円) 90円(税込99円)
~20万円 100円(税込110円) 105円(税込115円)
~50万円 238円(税込261円) 250円(税込275円)
~100万円 462円(税込508円) 487円(税込535円)
~150万円 553円(税込608円) 582円(税込640円)
~3000万円 876円(税込963円) 921円(税込1,013円)
3000万円~ 924円(税込1,016円) 973円(税込1,070円)

取引翌月末頃キャッシュバック

また、SBI証券のPTSナイトタイム・セッションの時間帯は17:00~23:59となっています。

松井証券のPTS

松井証券では、 PTSの手数料体系は、取引所とPTSの取引を合わせた1日の約定代金合計により手数料が決定する「ボックスレート」が適用されます。

1日の約定代金合計金額手数料(税抜)
50万円まで0円
100万円まで1,000円
200万円まで2,000円
100万円増えるごとに1000円加算
1億円超100,000円(上限)

一日信用取引、NISA口座・ジュニアNISAでのお取引、単元未満株の売却、立会外分売での買付、電話でのお取引は、別の手数料体系になります。

また、松井証券のPTSナイトタイム・セッションの時間帯は 17:30~23:59 となっています。

楽天証券のPTS

楽天証券のPTS取引では、自身が選択している手数料コースの手数料体系が適用されます。

一例ですが、超割コースでは以下の様になっています。

取引金額手数料
5万円まで55円
10万円まで99円
20万円まで115円
50万円まで275円
100万円まで535円
150万円まで640円
3,000万円まで1,013円
3,000万円超1,070円

また、楽天証券のPTSナイトタイム・セッションの時間帯は17:00~23:59の時間帯となっています。

まとめ

PTSにはメリット・デメリットがそれぞれありますが、うまく使いこなせればしっかりと利益の出せるシステムなので、知っておいて損はないです。

PTS取引をするなら現時点でSBI証券が最もオススメです。夜間手数料が実質無料になっており、今後無料化が期待できるので、迷ったらSBI証券を使ってみるのが良いかと思います。

R

もちろん、運用金額や運用スタイルによって手数料も変わってくるので色んな証券会社を使ってみるのも1つの手だね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です