ネオモバ

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)って何?Tポイントで投資できる日本初のサービスを徹底解説!

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)って何?Tポイントで投資できる日本初のサービスを徹底解説!

SBIネオモバイル証券は、1株少額から株式投資ができるのに加え、日本で初めてメジャーポイントであるTポイントを株式投資に利用できるサービスです。

これまでは一部の人にしか馴染みのなかった株式投資も、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)を使えば、スマホ1台で簡単に投資を行う事ができます。

2019年11月時点では、登録口座数も200,600口座を突破し、利用者数が急増しているサービスです。なんと、サービスを開始してまだ1年も経っていません。。。(スゴイ…)

本記事では、SBIネオモバイル証券とはどういうサービスなのか、知らない人・初めての人でもそのメリット・デメリット等を分かりやすく説明していこうと思います。

neomobile-comic

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とは?

ネオモバイル証券(ネオモバ)は、2019年4月10日から開始されたサービスです。既存のネット証券とは全く異なるコンセプトで打ち出されたこのサービスは、取引方法も、そのユーザー層も全く異なります。

ネオモバイルの特徴にはこのようなものがあります。

  • Tポイントで投資ができる
  • 株を1株から買える
  • 取引額が月で50万円以下であれば、月額200円(税抜)で取引放題

これらの特徴+αについて、詳しく説明していきます。

日本初!Tポイントで株式投資ができる

Tポイントの利用者は日本国内に数千万人いるとされており、かなりメジャーなポイントです。そんなTポイントですが、失効期限を忘れてポイントを使わずに失効させたり、使うのを忘れて勿体なかったなと思った経験をした人は多いと思います。

そんな余ったTポイントを株式投資に使えたとしたら、どうでしょうか。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)はTポイントを株式に投資できる唯一のサービスです。すなわち、お金が無くてもポイントで気軽に投資を始める事ができます。この時Tポイントは1ポイント=1円として利用できます。

Tポイントだけでなく、勿論現金での購入も可能です。ログイン後、Tポイント利用手続き(ID連携)を行えば、今既に持っているTポイントが登録したネオモバ口座に反映されます。

また、裏技的な方法ですが、Tポイントを使って購入した株を売却すれば間接的にTポイントを現金に換金することが可能です。換金の手段として登録しておくのもアリかもしれないですね。

たったの1株、数百円であの企業の株主に!?

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)では1株単位で株式を購入する事ができます。

通常の株式取引は単元株(100株単位)で取引しなければならないため、ある程度の資金が必要です。1株単位で購入できるという事は、たったの数百円で様々な企業の株式を購入できるという事です。

公式サイトに記載されている500円以下で買える銘柄をいくつか紹介しておきましょう。

証券コード銘柄名必要投資金額
8411みずほフィナンシャルグループ162.9円
4689Zホールディングス448円
5020JXTGホールディングス474.9円
8303りそなホールディングス458.8円
4005住友化学474円
9501東京電力ホールディングス431円
7211三菱自動車工業414円
7186コンコルディアフィナンシャル・グループ419円
2768双日350円
8410セブン銀行326円

※2020年1月29日終値時点

ちょっとした買い物のお釣りで貰うような金額で株式投資をする事ができますね。。。このような金額から手軽に株主になれるのはSBIネオモバイル証券ならではの機能です。

月額200円(税抜)で取引放題!

通常株式取引では、有名なネット証券でも1取引ごとに数百円程度の手数料がかかってしまう事はザラにあります。

しかし、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は約定金額の総計に応じた月額の利用料金のみを徴収する仕様になっており、月に50万円以下の約定金額であればたったの200円(税抜)で取引を何度もする事が可能です!

月間の国内株式約定代金合計額サービス利用料(月額)
0~50万円220円(税込)
50〜300万円1,100円(税込)
300〜500万円3,300円(税込)
500〜1000万円5,500円(税込)
以下100万円ごとに1,100円(税込)が加算されます。(上限なし)
出典:SBIネオモバイル証券公式サイト

当選確率高め!?ひとかぶIPO

SBIネオモバイル証券では、IPO銘柄も1株から申込が可能です!通常IPOは当選させるために複数単元株買い付けるのですが、1株でも抽選に応募できるという事で、少額でIPOにチャレンジできるという素晴らしい仕組みが整っています。

IPOは初心者でも比較的利益が出やすいので、1株から申込ができるのであればどんどん挑戦していきたいですね!

100円からできる株の「定期買付」

出典:SBIネオモバイル証券公式サイト

積立投資のように、毎月指定した日にネオモバが自動で注文発注するサービス「定期買付」機能が存在します。事前に買付けしたい銘柄・指定日・金額など簡単な設定をするだけで積み立て感覚で株式を買付けする事ができます。

このサービスはネオモバアプリ専用のサービスなので、定期買付を行いたい人はアプリのインストールが必要です。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)が向いている人はこんな人

ネオモバは、全体的にとても良いサービスで完成度も高いです。しかし、株式投資を長年行っていて知識も経験もあり、資金も豊富に準備できる人には余り利点がないサービスです。

ネオモバが向いている人は以下のような人です。

株式投資未経験者及び初心者

Tポイントを持っている人

お試しで株式投資をやってみたい人

損失を出すのが恐い人

スマホで株式投資をやってみたい人

少額から株式投資をやってみたい人

WealthNaviにも興味がある人

これら上記に1つでも当てはまる人はSBIネオモバイル証券(ネオモバ)はオススメします。株式初心者にとっては良い事しかない非常に有能なサービスなのは間違いありません。

SBIネオモバイル証券は、株式投資初心者で少額から投資を始めてみたい人/Tポイントを持っている人にピッタリのサービス。

ネオモバの登録自体は無料でできるので、使い勝手を確かめてみるというのも1つの手段です。

自分には向いてないな〜と感じたら、その時点で止めれば(入金しなければ)全く損をする事はありません。

気になった人はとりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット

上記でSBIネオモバイル証券(ネオモバ)の特徴を解説しましたが、メリットはどこにあるのでしょうか?

Tポイントを有効活用できる

やはりネオモバといえば、Tポイントを投資に利用できる点が大きなメリットです。Tポイントって意外と有効期限切れ等の理由で失効して、貯めているといつの間にか使ってなかったポイントが無駄になっていた、という事が多くありませんか?

少なくとも自分はよくあるのですが、このTポイントを投資に回す事ができれば失効せずに、とても効率的にポイントを利用する事ができます。

ポイントを投資した先の銘柄の株価が上昇すれば、値上がり益も期待できます。

Tポイントは持っているだけでは増えませんが、ネオモバを使う事で増やす事ができます。

自分で捻出した現金とは異なり、「ポイント」を使って投資するので、たとえ投資先の銘柄の株価が下落しても実質的には全く損をしていない状態であり、リスク無く株式投資を行う事が可能です。

少額で投資する事で株式投資に慣れる事ができる

ネオモバはサービスのコンセプト・利用料金等から、基本的には少額スタンスの投資中心の利用になると思いますが、この「少額」でできるという部分が大きなメリットだと思います。

銘柄によっては欲しくても高くて購入できない株も、ネオモバであれば1株から楽々発注できるので、様々な銘柄やこれまで手に届かなかった銘柄も購入する事が可能です。

少額投資であれば、たとえ含み損が出たとしてもダメージが非常に少ないです。まずはネオモバで個別株投資の感覚を掴んでから、SBI証券松井証券楽天証券なんかの有名ネット証券会社の口座を開設するのもオススメです。

WealthNavi for ネオモバが利用できる

ウェルスナビ(WealthNavi)は、利用者に合わせて自動で資産運用をしてくれるロボアドバイザーサービスです。実は、ネオモバ経由でウェルスナビを利用する事ができます。

出典:SBIネオモバイル証券公式サイト

しかも、通常ウェルスナビでは最低投資金額は10万円からとなっていますが、WealthNavi for ネオモバでは、最低投資金額が1万円からと、非常に敷居が低くなっているのがわかります。

若年層にリーチできるこの金額は、ネオモバならではの特徴です!個別株以外で、インデックス投資感覚でロボアド投資に資金を分散させるのも、リスク回避の方法の1つです。

ウェルスナビもネオモバも気になってる!という人は是非このサービスも活用してみてください(※利用にはWealthNavi for ネオモバの口座開設が必要になります)。

iDeCoに対応している

実はSBIネオモバイル証券(ネオモバ)は2019年12月2日より、iDeCoに対応しています。

iDeCoとは将来にそなえるための個人型の私設年金制度であり、月額5,000円から掛金を積み立て、投資信託などの金融商品を自分で選んで運用し、原則60歳以降に年金または一時金で受け取ります。掛金は全額が所得控除の対象となり、運用益は非課税となります。
また、受取る時にも税金が軽減されるので、節税効果が大きい点が魅力です。

SBIネオモバイル証券公式サイトより

長期的な目線で投資をしていくのであれば、ネオモバでiDeCoを利用する事も可能です。ネオモバのメリットを享受しつつ、iDeCoもできるので、節税効果もあり一石二鳥の利益が得られる可能性がありますね!

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のデメリット

では、SBIネオモバイル証券にデメリットはあるのでしょうか。答えはYESです。以下、いくつかデメリットを紹介しておきます。

個別株投資を既にしているにはオススメしない

まず、ある程度投資に詳しい人については余りオススメしません。

既に「投資家」の方(投資歴が長い方)は個別株の動向についても詳しく、かつ資産が数百万円〜の方が多いと思いますが、そのような方はネオモバははっきり言ってやらない方が良いです。

扱う資金が高額であればあるほど、手数料体系も高額になってくるので、取引するだけ非常に無駄になってしまいます。

また、ロボアドを利用する際は「WealthNavi for ネオモバ」ではなく、通常のウェルスナビ(WealthNavi)を利用した方が、ネオモバを介する必要がないので利用料・管理の面で断然お得です。

このように、ある程度投資経験があったり、投資できる資産額が数百万円〜の方はネオモバはやらない方が良いでしょう。

短期投資には向かない

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の利用料金は、月の約定代金の合計が50万円以下であった場合、200円(税抜)とかなり格安です。

しかし、短期的に売買を繰り返しているとあっという間に50万円に到達する可能性が高いです。

よって、短期的に売買を繰り返す短期投資には向いていません。ネオモバは基本的に長期・少額で積み立てていくのが投資スタイルになるかと思います。

即時入金が住信SBIネット銀行に限定

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)では、即時入金の設定が、SBIネット銀行に限定されます。その他の金融機関を用いて入金する場合、手数料かかかり、さらに翌営業日の着金になる事も(15時以降の入金は翌営業日)。

NISA口座を開設する事ができない

ネオモバでiDeCoを利用する事は可能ですが、NISA口座を開設する事はできません。

NISAとは、株式等の売却益にかかる税金が非課税になる、個人投資家の税制優遇制度です。

よってネオモバで獲得した株の売却益には全て税金がかかります(iDeCo利用時以外)。NISA口座で株を買いたいという方は、ネオモバ以外、通常のネット証券会社の口座を開設するのが良さそうです。

取引しない月も月額利用料がかかってしまう

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の月額最低利用料金は200円(税抜)ですが、これは株の取引を行わなくても関係なく利用料が徴収されます。

このデメリットを回避するには、とにかく忘れずに毎月何らかの株取引を行うか、アプリから定期買付のサービスを利用すると良いでしょう。

ただ、200円程度ですので、あまり気にしない人が多いのが現状だと思います。

ただ、毎月200PT分Tポイントが付与されるので、実質ネオモバの利用料はゼロと言っても良い部分もあります。しかし、このTポイントは利用用途が限定されていて、手数料支払いにこの200PTを利用する事はできません。

ネオモバでオススメの使い方、投資法

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)で株を買い付ける際は、基本的に1株単位で少額で買い付けを行うスタイルになると思います。少額なので、損失が出たとしても非常にダメージが少ないのがメリットの1つですが、同時に利益の幅も小さいのがデメリットです。

そんな時こそコツコツ買い付けて「複利効果」を狙いましょう。

すなわち、ネオモバで投資する際は、株価の値上がりによるキャピタルゲインではなく、配当重視のインカムゲインに軸を置いた投資法がオススメです。

上手く運用して複利によって少しずつ資産を増やす事で、同じ利率でも大きな値幅利益を取れる事ができるようになります。コツコツと高配当銘柄を長期的に買い付け、資産を着実に増やしていくのが堅実であり、ある程度再現性も高いと考えています。

自分もネオモバで買う銘柄は高配当銘柄中心に長期投資をしていくつもりです。もちろん、投資先に自信がある場合は短期的な値幅を狙ったキャピタルゲインを狙いにいっても良いと思います。

上手くいけば予想以上のペースで資産を増加させる事も可能です。

ちょっとした貯金感覚で、大きなリターンを狙おう!

ネオモバについて、そしてサービスののメリット・デメリットをわかりやすく解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

投資をやった事ない人、貯金感覚で投資をやってみたい人にとってはとてもオススメのサービスです。

コツコツ株を買っていたら、いつの間にかこんな金額に!という場合も十分有り得ます。銘柄によっては大きなリターンも狙える事ができるので、勉強がてらネオモバを始めてみるのはとても良い選択肢だと思います。

本格的な資産運用の入り口として最適なサービス「SBIネオモバイル証券(ネオモバ)」。これからのサービス拡大に期待です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です