コラム

【投資初心者脱却】バンドワゴン効果から学ぶ、投資における行動学

【投資初心者脱却】バンドワゴン効果から学ぶ、投資における行動学

投資で失敗する理由は人それぞれ、個取引ずつにあると思いますが、その中でも投資においては「やってはいけない行動」というものがあります。それをうまく表現した話が今回紹介する「バンドワゴン効果」です。

投資界隈では行動の反面教師にする話として一定数有名な話ですので、知らない方は是非この記事を読んで参考人してみて下さい。

バンドワゴン効果を表す最高の逸話

ある通りで、バンドワゴンがゆっくりと進んでいる情景を思い浮かべてください。心地よい音楽を流しながら、「少数の人たち」が楽しそうに路上を進んでいます。

音楽はだんだんと大きな音をならし、賑やかになってきます。その音が周囲の人々の耳に入り、彼らは「何だ?」とバンドワゴンの方へと足を進めます。するとどうでしょう、そこには盛り上がってきたパーティーの様な空間で、楽しそうに人々が遊んでいます。

これは楽しそうだ、と寄ってきた人等はその参列に加わり、自身もそのパーティーの一部になります。こうして盛り上がりはどんどん増大し、さらに人を呼び込みます。

パーティーに飛び込んだ人々は、楽しいひと時を過ごします。彼らはこれがまだまだ続くと思い込んでいるので、誰もパーティーから抜けようとしません。そんな中、最初の「少数の人たち」はパーティーからこっそり抜け出します。

さらに群衆は群衆を呼び、どんちゃん騒ぎになり、一面は酔っぱらった人々で埋め尽くされます。

バンドワゴンは前に人が溢れてきたので、以前のような速度で進行できなくなり、やがて進行は完全にストップします。群衆は拡大を続け、バンドワゴンが止まったことにも全く気付きません。この拡大した群衆に加わるのは非常に容易です。何も考えていない人でさえ、その熱気に影響されてパーティーに参加します。

しかしながら、バンドワゴンの本来の役割は前へと進むことです。停止したバンドワゴンはその役割を果たすために、この群衆をどうにかして振り払わないといけません。次の瞬間、前に進めないバンドワゴンは急にバックを始めます。

数人がなぎ倒され、群衆の一部は驚きと困惑した顔を見せます。バンドワゴンはお構いなし。さらにスピードを上げて乱暴にバックし続けるのです。さらに多くの人が振り払われ、なぎ倒され、群衆はその光景に息を呑みます。

先ほどまで賑わっていたパーティーは一瞬のうちに地獄絵図に変わり、パニックになります。彼らは逃げるものもいればその光景を見て自殺するものも、バンドワゴンに振り落とされない様にしがみついているものもいます。

地面に叩きつけられる人々を横目に見つつ、しがみついている人たちは、時間が経ち、バンドワゴンがアクセルを全開にした瞬間、細い糸が切れたかの様にあっけなくふるい落とされてしまいます。

群衆が地面に散らばる中、どこからともなく新たな人々がバンドワゴンに歩み寄ります。怪我をした人々を救いに現れた救急隊員でしょうか。いえ、違います。彼らは、当初バンドワゴンからそっと抜け出した「少数の人たち」だったのです。

パーティーに参加した人たちのだれかが、「何ということだ」と叫びます。しかし反応する人は誰もいません。「少数の人たち」はまた、次の仕事に取り掛かろうとしているのでした。

彼らはがら空きのバンドワゴンに飛び乗り、数マイル離れた先で、また同じ様にバンドワゴンを走らせるのです…。

大口投資家と、一般群衆を比喩した表現

ここでいうバンドワゴンは大口投資家・機関投資家パーティーに次々と参加してきた人たちがいわゆる個人投資家、我々の多くがここに当てはまるでしょう。

この逸話は株式マーケットをわかりやすく比喩・表現したとてもうまい話だと感じました。群衆の中に入るのは非常に簡単ですが、抜け出すのはなかなか難しいです。そして大口の売りが一気に入って成約しているのを、指を加えて見ている訳です。気づいた時には全身に怪我を負っています。

すなわちマーケットは大口投資家や機関投資家に操作されているということです。我々は、彼らと思われる動きを客観的に監視し、怪我をする前に抜け出す必要があるのです。

この話から学ぶこと

頭ではこのストーリーが理解できて、マーケットに当てはまる部分があるとわかっていても、一瞬の感情が入ってしまいロジカルにトレードができないことはあると思います。

頭で理解していても行動が伴わない。この理解と行動を一致させていく作業が、トレーダーの仕事・投資家の仕事の1つだと感じました。

この話を常に頭の片隅に置いておいて、大怪我を追わない様に気をつけたいものです。

ちなみに、今回の話をトレードに結び付けて紹介されている書籍に「デイトレード」という書籍があります。こちらは主にメンタル面において書かれてある本なのですが、トレードの本質を突いた非常に有意義な内容が記されているので、興味のある方は是非一読してみてはいかがでしょうか?

created by Rinker
¥2,090
(2020/07/04 00:33:33時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です