株式投資の基礎

株式と債券の違い・それぞれのリスクについて徹底解説!債券は本当にリスクが低い?

株式と債券の違い

企業が資金調達をする一般的な方法として、「株式発行」「社債(債券)発行」等が挙げられます。両方とも投資家から資金を募り、事業に必要な資金を調達します。

投資家の中には株式と社債、どちらに投資するのが良いか迷っている人もいるかと思います。

では、この株式と社債(債券)の違いはどこにあるのでしょうか?

本記事では株式と債券の違いについて解説していきます。

R

余り知られてないけど、資産運用に「債券」をポートフォリオに組み入れるのも全然アリな選択肢だと思う!

株式と債券の違いについて

まず、株式と債券それぞれについて詳しく見ていきましょう。

株式とは

株式とは企業が資金調達を目的に発行するもので、投資家はこの株式を購入・保有する事でその会社の出資者となり、この時点で「株主」になる事ができます。

会社が成長し、収益が増加すれば利益の一部は株価の上昇や配当によって株主に還元されるため、出資した金額以上の利益を得ることが出来ます。

逆に収益が悪化して業績が低下すれば、株価が下がったり減配や無配になる可能性もあるので、出資した額に対して損失が出る事もあります。

しかしながら企業が大きく成長した際には株価が大きく上昇することから、投資金額に対する収益性の高さが魅力的となっています。

債券とは

政府や会社のように返済力がある場合、「債券」というものを発行して投資家から資金を調達します。これの利点としては、銀行から借りるよりも安い利息で資金調達を行うことが出来るという部分にあります。

かぶ子

返済する必要があるなら、銀行からの借り入れでいいじゃん!…って思ってたけど、社債を発行するのはこういう理由があるからなのね!

債券を発行するという事は、その企業や政府に対して直接出資するのと同じことです。

債券の返済方法は、利息として毎年一定額の現金の支払いを一定期間行う事を約束し、かつその期間が満了した際には借りたお金である元本をまとめて返済します。

また、この債券自体も市場で売買されており、値段も株式のように変動しますが、債券は元本(額面)が保証されているという事と、市場の金利にある程度連動しているため、値動きはさほど激しくないのが特徴です。

リスクが少ない分、収益性は低いと言えるでしょう。

株式・債券はリスクと収益性のトレードオフ

株式は元本の保証が無く、損失を出すリスクもありますが、リターンが圧倒的に大きいです。

対して、債券は収益性は少ないものの、額面で元本が保証されており、安定性はピカイチです。

このように、株式と債券はリスクと収益性のトレードオフの関係にあると言えます。

債券のリスクについて

元本が保証されていて、年率数%貰えるなら、貯金全額債券にしておいた方が良いのでは?と考える人がいるかと思いますが、勿論債券にもリスクが存在するので、しっかりと確認しておきましょう。

金利上昇リスク

債券は市場で自由に売買ができますが、償還期限前に譲渡しようとすると時価が元本を下回るケースがあります。

市中の金利が上昇すると、既に発行されている債券の時価は値下がりします。これは、金利が上昇する事で昔発行された債券よりも良い利率をもった債権が出現するため、他の債券を持ったが利回りが良くなるからです。

そうなると低利回りの昔の債券は売れなくなり、価格が値下がりします。

このように金利上昇による債券の価格下落リスクというものが存在します。

信用リスク

債券を買うという事は、他人にお金を貸す行為と同じ意味を表します。その他人が返済期限前に何らかの理由で破産してしまった場合、手元にお金が無いので、お金を返すことができません。

すなわち、債券の発行元となる政府や企業が返済期限前に破綻もしくは倒産してしまうと、利息どころか元本すら返ってくることは有りません

投資した金額全額を失ってしまうリスクも存在しているのです。このようなリスクは会社の信用に基づいているため、「信用リスク」と呼ばれます。

信用リスクを測る指標として、第三者機関による信用格付けが参考になります。以下はS&Pの場合です(大体同様の指標となります)。

AAA(トリプルA)債務履行の確実性が最も高い
AA(ダブルA)債務履行の確実性が極めて高い
A(シングルA)債務履行の確実性が高い
BBB(トリプルB)債務履行の確実性は高いが、将来確実とは言えない
BB(ダブルB)債務履行に当面問題は無いが、将来確実とは言えない
B(B)債務履行の確実性に問題がある
CCC(トリプルC)現時点で不安定な要素がある
CC(ダブルC)債務不履行となる可能性が高い
C(C)債務不履行となる可能性が極めて高い
D(D)現時点で債務不履行を起している

リスクが高い程利回りも高くなるため、C-Bの債券を好んで購入する投資家もいますが、あまりオススメは出来ません。

しかしながら、格付けが高いからと言って安心して購入するのも注意が必要です。

バブル崩壊前にはAAAだった日本の大手銀行も、バブル崩壊と共に信用力が一気に低下し、破綻する銀行もありました。

さらに有名な例では、アメリカのサブプライム・バブルの崩壊が挙げられるでしょう。

逆に新興国国債で低信用度だったものが、国力経済力の上昇により格上げされた例もあります。

このように、指標を活用するのにもある程度注意が必要だという事が分かります。

かぶ子

債券にもリスクがあるのね。。。

株式投資は本当にハイリスクか?

株式と債券はリスクと収益性のトレードオフの関係にあると言いましたが、これは実は一概には言えません。

全体的な特徴で見るとそうですが、株式は銘柄によってそのリスクの度合いが異なります。

銘柄によって株価の値動きが激しかったり、企業によって収益性も異なるので、市場の様子やファンダメンタルを考慮した上で投資をすれば、リスクを減らすことは出来るはずです。

よって、リスクを一つ一つ潰していく事で、株式投資は「ローリスク・ハイリターン」な金融商品として生まれ変わります。

その業界に詳しくなり、そして銘柄1つに集中して分析すれば、自ずとリスクを潰す事ができます。

今投資している、もしくはこれから投資する企業について、どれだけの事を知っているでしょうか?誰よりも詳しい自信はあるでしょうか?

リスクを100%なくす事はできませんが、債券投資でも、株式投資でも、自分の頭で深く考えて「リスクを減らす努力をする事」が大事であると思います。

皆さんも、自身でよく考えた上で社債や株式に投資をし、大事な資金を減らさないような投資ライフを送りましょう!

R

どの投資にもリスクは付き物!リスクをいかにして減らすかが、投資で成功するコツかも。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です