コラム

株式投資で損失・含み損が怖いという人へ。恐怖心をコントロールする唯一の方法とは

株式投資に興味があるけど、失敗談が沢山あって怖い。損失や含み損が怖い。そういった人は非常に多いと思います。

僕自身も損失や含み損は怖いと感じる事がありましたが、それも含めて株式投資の一部だと思っています。多くの人は損への恐怖心で投資をするのを踏みとどまっている事でしょう。

しかし、損失・含み損を抱える事自体は誰もが経験する一種の通過点の様なものです。株式投資において損失を恐れる必要は無く、捉え方を変えてしっかりと損失に向き合う事が大事とされています。

今回は損失・含み損をテーマに自身の考えをまとめていきます。

投資は損失リスクが必ず存在する

投資信託等で、よく年率+10%とか、銀行預金よりパフォーマンスが良いですよ!という宣伝を見かける事があります。しかし、それは過去の良い部分を切り取っているだけで、短期的に見たりすると勿論損失を出している場面があります。

また、未来はどうなるかわからないので、暴落がきてしまうとそのタイミングで投資を始めた人は大きく損失を出したり、大きく含み損になってしまいます。これは個別株投資にも言える事です。

株式投資とは「必ず儲かる」ものでは無く、損失が出る時は必ず出ます。そして、それは誰にも予測できません。

しかし、歴史的に見れば、日経平均やダウ・個別株等のチャートは波うち、景気が良くなるに連れて右肩上がりのトレンドを形成します。よって長期で資産運用すればかなり期待値高めで投資した金額以上のリターンを得る事が可能です。つまり、株価が暴落しても、長期目線では高い確率でプラスになるという事です。

この事から、インデックス投資や、ドルコスト平均法を使った積み立て投資等が一部で流行っています。期待値は高いですが、絶対は無いという事もしっかりと理解しておきましょう。

チャートの動きを100%の精度で予測できる人はいません。投資において含み損が出るという事は、いたって当たり前の事だという事です。

含み損への恐怖心とその対策

損失や含み損が当たり前だと言われても、やはり損というものに対しては恐怖心を少なからず抱いてしまいます。それは仕方のない事ですが、その恐怖心の大きさをコントロールできるよう調節しなければなりません。

損失・含み損に対する恐怖心の大きさは人それぞれで異なります。

例えば、10万円の含み損を抱えていたとしても、月に100万円も稼ぐ人からすれば大したことはないかもしれません。

逆に、月に20万円稼ぐ人からしたら結構ドキドキすると思います。このまま損失が拡大すると、月の給与分の額になってしまいます。

すなわち、含み損の額が大きいか、小さいかは人によって異なるという事であり、含み損の額は自分自身の問題でしかありません。

取引においてドキドキしているという事は自分の扱える資金の範囲を超えており、投資資金を幾分か減らした方が良いかと思います。

含み損への恐怖心への対策としては、「含み損は抱えるもの」と最初から想定し、この程度までだったら株価は下がらないだろう等の見立てを立てて、投資資金を逆算します。

そして必ず余裕資金で行い、含み損になっても耐えれるような投資を行うのが適切な投資と考えています。

予想と異なれば、損失を確定させる

しかし、含み損が限界以上に拡大してしまう可能性もゼロではないです。株価が自分の予想の範囲を超えて逆に動いた場合、含み損は大きく拡大します。

そうなる前に、自分の設定したラインで直ぐに損切りを行う事で、大事な資金を守る事が可能です

もし、その後も「必ず上がるだろう」という根拠があれば、含み損を抱えながら持ち続けても良いと思いますが、それ以外はただの願望になってしまうので、個別株投資の場合は素早い損切りを行う事をオススメします。(インデックス投資や積み立て投資の場合は長期のリターンを期待するので、そもそも損切りという概念が存在しない)

株式投資が下手な人ほど、この含み損を損失として確定させる行為が出来ず、何年も資金を塩漬けにしてしまう傾向にあります。

根拠がアリでも無しでも、自分の予想と異なる動きをしたら一旦手仕舞う。この行動が素早く出来るようになれば、株式取引においては一段階成長していると思います。

まとめ

投資において重要なのは、取引に感情を入れない事だとよく言われます。

しかし、実際に行ってみると不思議なもので、気づいたら感情を入れた取引を行っているのです。

その代表的な例が「損失への恐怖」です。恐怖はなかなかコントロールできず、難しい感情であり、資金に余裕が無い人ほど必ずこの恐怖を感じてしまいます。

その対策としては、資金量をしっかり調節(自分に合った資金で取引)して恐怖心の大きさをコントロールする事で解決します。これが、恐怖心を無くすための唯一の方法です。

ロットを入れすぎている、下値リスクを考えていない、信用取引を使っている。。。株式投資を始めていて、このような状況に陥ってる人は是非この機会に振り返って、ポジションを整理してみて下さい。

逆に、これから株式投資等の投資を始めようと考えている人は是非この考えを参考にして、株式投資を始めてみて下さい。

知識が無いうちは、 ウェルスナビ(WealthNavi) 等の自動で運用してくれるロボアドを使ってみるのも良い選択ですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です