株式投資の基礎

【初心者向け】株式投資で知っておきたいコト総まとめ|株式投資で利益を得るために

株式投資で知っておきたいこと総まとめ
株式投資の基礎をマンガで解説

株式投資は資産形成にも役立ち、「決算書に関する知識」や「時代の流れ」など、様々な事柄を読み解く能力も付きます。資産も増え、知識も付くので一石二鳥です。

ところで、株式投資で利益を得るためには様々な知識や企業を分析する力、そして経験が必要です。しかし、それ以前に「基礎知識」が非常に大切だと言う事を覚えておきましょう。これを土台として初めて、株式投資で利益を得る事ができるようになります。

株式投資を雰囲気で行っている人はこの基礎知識が抜けているパターンが多く、予想外の損失を被る可能性が高いです。

株式投資において基礎知識を知らないという状態は非常に危険です。これまで頑張って稼いできた/貯めてきた資産を守るためにも、是非この記事で基礎知識をつけておきましょう!

証券会社についての記事はこちらになります👇

そもそも株式投資ってどういうもの?

「そんな事理解してるよ!」って人は読み飛ばして貰ってOKです。

そもそも、株式投資について余りわかっていない方は、まずこちらの記事をご覧下さい。まずはここからです。

私たちは会社の成長を期待してその企業に投資する事ができます。それが「株式を買う=株主になる」と言う事で、利益を得ることを目的に企業の株式を購入することを「株式投資」と言います。

企業の株式を購入するには、証券取引所と呼ばれる市場を通して買い付けを行います。

企業の規模によって分類された複数の市場が存在しており、株式投資を行うにあたって、それぞれの市場について特徴の理解もきちんとしておいた方が良いでしょう。

株式投資についての疑問を解消!

株式投資についてある程度全体像は理解できたかと思いますが、もう少し細かい特徴・性質を整理しておきましょう!

株式投資でどうやって利益を出すのか

株式投資で利益を出すには、主に株価の値幅を狙う「キャピタルゲイン」が基本となりますが、定期的な配当等の「インカムゲイン」を狙って株式を取得する投資家もいます。利益の出し方についてはこの記事をどうぞ。

株式投資を行うメリット

株式投資は、資産形成に大いに役立ちます。現在、日本では老後に必要な貯蓄が足りない世帯が多いと言う事で「貯蓄から投資へ」の流れが加速しています。

しかしながら資産運用の知識は学校で教えてもらえるような環境になっていません。すなわち、自分で学ぶ必要があるのです。

資産運用には様々な方法がありますが、株式投資は銘柄を取捨選択することでリスクをコントロールできる非常に素晴らしい投資になる可能性が大いにあります。

また、資産を銀行に預金しておくだけでは自国通貨がインフレした時のリスク回避ができないという事も覚えておきましょう。

資産を増やす選択肢として、FX(外国為替取引)という方法もありますが、こちらは初心者には余りオススメしません

投資には元本割れを起こすリスクがあると言えど、株式投資はバイアンドホールド(買ったら保有し続ける)事で「プラスサムゲーム(市場に参加しているプレーヤーの平均が+)」になり、FXは「ゼロサムゲーム(市場に参加しているプレーヤーの平均が0)」となるので注意が必要です。要は、FXは得する人がいる一方で、損する人が同量数居るということなのです。

また、レバレッジを大きくかけることができるのも危険です。堅実に資産を形成したいのであれば、手持ち資金が少ない内は手を出さない方が良いでしょう。

また、投資対象としてよく株式と比較される債券との違いをまとめた記事はこちらになります。

株式投資への姿勢

株式投資を実際に始める前に、その取り組み方について今一度確認しておきましょう!

まずは少額から。練習感覚で始める事が大切だと思っています。いきなり全額投資をするのは危険です。慣れてきてから徐々に資金力を上げていきましょう!

株式投資は余裕資金で!

投資は元本割れを起こすケースがある、ということは重々に理解しておきましょう。とにかく余裕資金で行う事が大切です。

生活スタイルにあった取引スタイルを確立しよう

株式投資は誰でも行う事ができますが、日中働いていて場中が見れない方もいるかと思います。そういった方は自ずと中長期投資のスタイルになるでしょう。

投資スタイルには「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期投資」、時間軸で分けた場合このように複数種存在します。

銘柄や自身の生活スタイルに合わせて取引を行う事が、結果的に最も良いパフォーマンスを発揮することになります。トレードスタイルのメリット・デメリットについてもここでしっかりおさえておきましょう!

初心者がやりがちな事を再確認

株式投資では初心者がやりがちな行動があります。恐らく最初は誰もが通る道だと思いますが、この記事を読んで客観的な視点を持つ事も大事です。

取引の改善スピードが早くなります。

株式投資・実践編〜実際の取引について〜

ではここから、実際の取引に関する項目を見ていきましょう。

必ず覚えておきたい知識

株式投資を行うにあたっていくつか注意すべき点があります。気付いてからでは手遅れになり、大きな損失を被るケースがあるので注意しましょう。

インサイダー取引は厳禁!!

株式取引において絶対にやってはいけないのがこの「インサイダー取引」です。これはれっきとした犯罪行為で、知らなかったでは済まされないので注意してください!株式投資を始める前に、必ず覚えておきましょう!

仕手株に要注意

株式市場には様々な銘柄が存在しますが、仕手株と呼ばれる株の出現が度々話題になります。株式取引を長年続けていると、必ず出会う株になりますので、その存在を知っておく事が大切です。

取引・注文方法

株式取引には様々な取引・注文方法があります。取引は基本的に「成行注文」「指値注文」この2種類を上手く活用する事で株取引を約定させます。

現物取引と信用取引

株式取引には手持ちの資金範囲で売買を行う現物取引と、信用を活用して資金範囲を手持ち以上の額に拡大した信用取引が存在します。

信用取引はFXと同様にレバレッジをかける事ができます。取引が上手くいけば手持ちの資金に対して何倍ものリターンが得られる可能性もありますが、追証が掛かってしまうというリスクもあるので、初心者にはオススメしません。

夜も取引できる!PTS取引について

日中忙しい方も、実は夕方〜夜にかけて取引できる仕組みが存在します。それがPTS取引です。

PTS取引は時間的なメリットがある一方で、通常の市場とは異なった動きをするので注意が必要です。

税金関連

株式投資で得た利益にも税金がかかります。どのように税金が課せられるのか事前に知っておきましょう。

まとめ

本記事では株式投資の基礎講座という事で、株式投資において最低限知っておいて欲しい知識に関連する記事をまとめてみました。いかがだったでしょうか。

株式投資で上手く利益を出すためには色々と努力が必要ですが、それ以上に損失を出さないようにする努力も必要です。

損失をコントロールする方法の1つが、これらの基礎知識をつけて冷静な判断を行う事です。知識はあって損はないので、基礎知識がしっかりしているだけでも株式市場でうまく立ち回る事ができると思います。

知らないことを1つ1つ潰していきつつ、株式投資で着実に資産を増やしていきましょう!

本記事が読者の役に立てば幸いです!

※コンテンツは随時更新中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です