ロボアドバイザー

ウェルスナビ(WealthNavi)の評判って実際どうなの?Twitterの呟きで利回り等を調査してみた

wealthnaviの評判をTwitterで調査してみた

新しい投資の形として近年注目を浴びているロボアドバイザー。中でも群を抜いて人気を誇るのが「ウェルスナビ(WealthNavi)」というサービスです。

ウェルスナビ(WealthNavi)は2020年2月時点で預かり資産2200億円を突破し、口座数も27万口座を突破しています。

ロボアドバイザーとは、プログラムを用いて投資診断やアドバイス、ポートフォリオの組み立て等を行ったり、それらを元に実際に運用してくれるサービスです。

ウェルスナビ(WealthNavi)はノーベル賞受賞者の理論に基づいたアルゴリズムを利用した「長期・積立・分散」の資産運用を自動で行ってくれるサービスとなります。詳しくはこちらの記事で解説しています。

ウェルスナビは多くの利用者がいますが、人それぞれ資産状況やリスク許容度が異なります。実際の所、その評判はどうなのでしょうか?

今回はTwitterを利用して、ウェルスナビ(WealthNavi)の評判を調査してみました。

ウェルスナビ利用1ヶ月経過後の評判

1ヶ月後のユーザーの反応としては結構好調なイメージを受けましたが、一部マイナスになる人も勿論見かけました。

短期的に見ると、時期的な要因を受けやすいので、このように差があってもおかしくありません。

ただ、全体的に見ると、短期的にみてもプラスの利益を出している人が多かった様に思えます。僕自身はマイナスでしたが、長期的にリターンが得られれば良いと考えているので、問題無いです。

ウェルスナビ利用1年経過後の評判

では、長期で利用しているユーザーの評判はどうでしょうか。

ウェルスナビはETFの動きにある程度依存するため、地合いが悪いとマイナスになる可能性は高くなりますが、それでも-10%という悪すぎる数値はあまり見かけませんでした。地合いが悪くても損失をコントロールしてくれているのがよくわかります。

それにしても、1年以上も運用するとある程度プラスになっている人がかなり多い印象を受けました。Twitter上では「こんなにリターンがあるのか!」といった驚きの声がたくさん見受けられました。

それぞれの方のグラフ推移を見ても、長期的に運用すれば高確率でプラスになりそうな動き方をしています。

それにしても+10%の利率はかなり凄いです。1000万円を1年間運用したら、年間で100万円のリターンが返ってくる計算ですね…。

勿論地合いに左右され、損失リスクもありますが、調べれば調べるほどウェルスナビに興味が出てきます。こういったTwitter上の生の声が、ユーザーを増加させている1つの要因なのかもしれません。

一度もプラスにならなかった方も。。。2018年を通して運用した人はマイナスの人が多いイメージで、2019年になると世界経済が一気に好転し、一気にプラスになる人が多くなった感じでしょうか。

始めるタイミングにもよるかと思いますが、ウェルスナビは長期スタンスで望んだ方が良さそうです。

ウェルスナビ、その他の評判

ウェルスナビのサービス内容についてユーザーの反応をまとめてみました。

良い点

  • ほったらかしでも好成績を出してくれるから楽
  • リターン率が思ったより高い!
  • 損失が思ったより出ない
  • 損失を出していてもある意味貯蓄となるので、サービスとして良い
  • 長期投資の精神力が鍛えられる
  • 売買する時間も、税金の手続きをする時間も省けるので、銀行に預けるよりは大分マシ

悪い点

  • 自分でやった方が圧倒的に儲かる
  • 手数料が高い

ウェルスナビを入り口として、投資に興味を持った人は自分で運用したくなる傾向にあるようです。

総評

ウェルスナビ(WealthNavi)はサービスとしてかなり完成度が高く、投資をやった事ない人にとっては非常にオススメできるサービスです。

そして、過去のシュミレーションを見ても、長期で運用すれば高確率で資産が増加する期待値が高いです。銀行預金の何百・何千倍ものリターンを低リスクで獲得する事ができます。

損失リスクを理解した上で、銀行口座に眠っているお金がある方はとりあえずやってみるのが一番かなと感じました。ポートフォリオ構築に必要な診断は無料でできますので、一度体験してみてはいかがでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です